Cheetah オンラインスパイクソーティングの手順 (v5.7.4)

作成日 2017/05/12

(1) スパイクソーティングを行うために Cheetah ソフトウェア上のメモリに任意数のスパイクを記録します。

#


(2) スパイクソーティングを行うソフトウェア「Spike Sort 3D」を起動し、Cheetahからデータを取得します。

Cheetah Interface - Get Cheetah Data

#


(3) データの取得先を指定します。

#

localhost のまま [OK]ボタンを押します。


(4) スパイクチャンネルがリスト表示されますので、ソーティングしたいチャンネルを選択します。

#

TT1 を選択して [Get]ボタンを押します。

取得したデータが画面にプロットされます。

(5) 新規にクラスタを作成します。

Cluster - New Cluster

#

マウスでクラスタを描ける状態になっているので、キーボードの [Ctrl]キーを押したまま、クラスタに含めたいエリアを円で囲うようにクリックします。(最初にポイントした始点は四角マークがつきます)

#

最後に始点(四角マークされている)をもう一度クリックすると範囲が確定され、クラスタに色がつきます。

#

(6) クラスタ分別が終わったら、cheetahに設定を送信します。

Cheetah Interface - Send Cluster

#


(7) クラスタ分別の設定を適用するスパイクチャンネルを選択します。

#

TT1 を選択して [Send]ボタンを押します。

(8) Cheetah のスパイク画面にクラスタ分別が適用されました。

#



以上です。